POLAROIDS

Official Blog

音楽は格好いい

遅くなりましたが、ポラロイズワンマン、本当にありがとう。

6月に5人になり、夏からはツアーに回り、怒濤だった半年。
大事に大事に育ててきた。

でもそんな短い時間じゃなくて、感じたのはこれまでのポラロイズの歴史だ。
節々にそれは表れていたんだと思う。

地元でやった意味がそこにあって。

改めて思ったんだ。ポラロイズはなんてピュアなバンドだろうって。

楽曲や演奏に対してはいつだって真っ直ぐで。何とかそれを伝えたくて。

バンドを続けてる理由が、「格好良く思われたいから」なんて。頭が悪くて当たり前で、だけれど何より大切な事だ。

ピュアな事をピュアなまま伝えるのは、簡単ではないと思う。
無防備で、補ってもらわなければ静かに折れてしまうくらい、脆いものだと思う。

それでも幸いな事に、僕らにはそれを助けてくれる人が沢山いる。同じ馬鹿正直な気持ちの人が沢山いる。
そしてそれを馬鹿正直に受け止める僕らだ。

やっぱりそれが大切な事だから、僕らはまだ歩くんだ。どうやったって形にしなければいけない。

希望だと思わない?そんな馬鹿正直な事が。

期待と不安をそのまま受け止めて、それが形になったら、きっとまた何かが起こるんだ。

そんな日々が続くように。また歌おう。

気付かせてくれた夜にありがとう。
包み込んで返してゆくよ。

清水

9日目 怒涛の

下北沢ReGでした。

the ironical fest.って事で、ツアーファイナルにも出演してもらうironyのレコ発イベントでした。

大規模なイベントで、一日ぶっ通しで大盛り上がり。凄い事だよ。

ironyの真っ直ぐな思い、凄く良かったな。
またツアーファイナルに期待。

東京に来ると、やはり音楽の中心はここにありって気持ちになる。
集まってくるね。色んなもの。

さて今日も関東。
今日は横浜F.A.Dにて。

8日目 No Human No Life

image

盛岡 CLUB CHANGE WAVEでした。

東北2日目。東北の2日間はなんと濃密な事だったか。
僕個人としても、バンドポラロイズとしても、本当に得るものの多い2日間だった。

盛岡は僕が思ってたよりも音楽の街で。
自然と浸透してゆく感じが印象的だった。

偶然か、学生さんに出会う事が多かった。
何でも捕まえてしまうその目には、どんなものが見えていただろう。僕らはその希望の一つであれたらいい。

WAVEのみんな、ゴールドルーキー、本当にありがとう。
今回も頂けたアンコールに、先ずは僕らが希望を貰いました。

次回は明後日9月14日、下北沢Regにて。

7日目 MEALS

image

宮城県は仙台MACANAでした。

ツアーファイナルにも出演していただくmistyと共演。
各地に友情ってあるんだな。本当に親戚に会ったような感覚だった。ポラロイズは愛されている。

mistyとポラロイズの間には何かが生まれてしまったので、ツアーファイナルは確実に何かが起こるでしょう。期待していてください。

初めてのライブハウスで、また来たいと思う場所にまた出会ってしまいました。
仙台はとてもいい街です。

東北が好きっていうのは、何かちょっとわかる気がする。

これからまた東北、岩手県に向かいます。
今日は盛岡 club CHANGE WAVEにて。

(打ち上げで行ったMEALSってお店が本当に美味しくて泣いた)

6日目 いつかロールしよう

image

熊谷 HEAVN’S ROCKでした。
個人的には自分のソロ活動でもお世話になった場所で、お店のスタッフさんと再開するのも楽しみにしていました。
しかもお馴染みのアザヤイタも共演で。

9月に入り、やっぱりより勢い付いたと思う。ハコがいいのも相まって、とても気持ちの良い空間だった。

最後にアンコールも頂いてね。ここでアンコールを頂けたのは本当に嬉しかった。ありがとう。

各地でこんな一日を作っていく事。とても根本的で大切な目標だ。
多分目に見える一番の財産だから。

また次が楽しみになりました。
次回は明後日9月10日、仙台 MACANAにて。

(携帯が新しくなって、カメラもバージョンアップして、写真がいい感じに)

5日目 愛する為に

我らがSound Stream sakuraでした。

先月の志津ROCK FESTIVALで出たばかりですが、9月もまた来てしまいました。

今月からツアーも過渡期。先月以上に各地に回る大事な時期です。
そんな9月のスタートがSound Streamであって、結果良かったなって思います。
凄く手応えがあったんです。いつにも増して。9月、がつがつ進んでいけそうなパワーが。

きっとファイナルまでこの調子で行けば、もっとポラロイズを好きになれる。そんな気がします。

加えて僕達はとても大切な発表をしました。

12月13日に、このSound Stream sakuraでワンマンライブをします。

ツアーファイナルを経て、覚め止まない興奮の中開催されるのです。
凄く丁寧にでも実直に、発表のMCをする川崎さんがとても輝いていました。

まだまだツアーはこれからだけど、その先にも待ってるものがある訳だね。
ずっしり歩こう。

次は明後日、9月7日に熊谷HEAVEN’S ROCKにて。

4日目 飛び出た

histrical parade4日目は、とうとう関東を飛び出し、大阪は心斎橋Live House Pangeaにて。

 

僕個人としては、大阪でライブをしたのは初めて。

ポラロイズ自体も半年振りの大阪だった訳で。

もうホームとかそういう力じゃ語れなくなってくる距離感だよね。

 

それでも待ってくれている人がいたり、真新しい刺激に感激してくれる人がいたり。

僕らもお披露目のような妙な緊張感があったり。

あぁ、これこれ。こういう事の繰り返しなんだろうな、ツアーって。わかったような気持ちを感じていました。

 

面白いじゃないか。これから。

僕らは帰ってきた時には、必ず少し大きくなっていたいから。手荷物やお土産が増えるように。

9月からはより動き回る。

次回は9月4日、Sound Stream sakuraに行きます。

3日目 人だよ

image

ツアーは続いて、我らが千葉はSound Stream sakuraでのライブでした。
毎年恒例になってきた、志津ROCK FESTIVAL 2014。

来場された方にも言われましたが、やっぱりホームの力って凄い。

QLTONEのライブでは大合唱が起こった。
QLTONEの音楽は、もうそれぞれの音楽なんだ。確実に音楽は広がってる。

僕らの音楽も、同じように広がっていく事を願う。
昨日聴いてたみんなの顔を見たら、それはもう始まっているだろうけど。

慶太さんが間違えて「人だよ」って言ってたけど、何かそれが妙に気に入ってる。
人間だ僕ら。
生きてる中に、音楽があればいい。

次は8月25日、大阪Live House Pangea。
(ホーム感凄くて、バンドが全く見えない写真)

清水

2日目 noumitsu

image

動き始めました。
ツアー2日目は、地元千葉は稲毛K’s Dream。
noumの企画「違う家の子達」。

同じ千葉にいながら、僕らは違う家の子達。
だから同じ家に集まって、終わった頃には同じ家の子になっちゃったりして。

そんな濃密な感じで始まったのです。
思いもしないくらい、求められました。

こんな2日目だったから、こうやって各地で濃密な出会いが待っているんじゃないか、ぞくぞくと心を震わせています。
何て事だ。

次は8月10日、Sound Stream sakura。
期待を込めて。

(濃密過ぎてピンぼけした写真はご愛嬌)

清水

8/6

20140807-022659-8819083.jpg

こんばんにちは。

本日リハでした。写真はリハとは全く関係ありません。ごめんなさい。

足利東映に写真を撮りに行った際のものです。とても印象深い所だった。
管理人のおっちゃん曰くこの廃墟で以前ライブ行った人がいるそうな(でぶコーネリアスのポスターが貼ってあったからそうなのかな…)羨ましい…

リハ、本日は繭をやりました。ツアー中何度か披露出来ると思う。
ツアー中historicalに入っている曲はもちろん、そうでない曲も何度か演奏出来たらと思っている。

では8日は稲毛で、10日は志津でお待ちしてます。

倉島

« Older posts

© 2018 POLAROIDS

Theme by Anders NorenUp ↑